VSJ Teams Executive Summit 2022で講演しました

愛媛県松山市北条で獣医師および動物看護師の卒後教育、マネジメントの課題解決に注力されているVSJ合同会社(代表:辻田裕規先生、三好紀彰先生)からのご依頼で、7月24日に北条を訪問しました。北条に来た氏政、将に「北条氏政」です。

Ujimasa @ Hojo

VSJ合同会社は、2つの柱を育てていくとのことです:

  • VSJ College:どこにいても全科を基礎から学び直しができるe-Learning 教育事業
  • VSJ Management:動物病院が抱える組織・チーム形成、システム化などマネジメントの課題を解決する事業

今回はVSJ Managementの中で、動物病院の経営者を対象にしたTEAMS Executive Summitというプログラムの中でお招きいただきました。VSJ TEAMSは現在、全国の約40病院が参加されているとのことです。近県だけでなく山形県や長野県からもお越し下さり、ありがたかったです。

講演1時間に、質問をたくさんいただき質疑応答も約1時間となりました。
その後は全員でVSJのTシャツを着て記念撮影と懇親会。
ホスピタリティに溢れた会合でした。皆様、ありがとうございました。

VSJ TEAMS Executive Summit 2022

2022年もAnimal Health Innovation Asiaでコンサルティングパートナーを務めることになりました

2018年香港、2019年東京、2020年/2021年WEB開催であった英国Kisaco Research社主催のAnimal Health Innovation Asiaが今年は10月18−19日にタイ・バンコクで開催されます。
https://animalhealthasia.com/events/animal-health-innovation-asia

主催者からのご依頼により弊社は今年もコンサルティングパートナーとして、この一大イベントに協力することとしました。日本からも多くのスタートアップや製薬企業、投資家が参加されることを期待しております。

氏政らの講演内容がIHS Markitでfeaturedされました。

(Source: IHS Markit Daily Digest on November 1st, 2021)
(Source: IHS Markit, excerpt)

既報の通り、10月19-20日に開催されたAnimal Health Innovation Asia 2021で弊社代表 氏政が講演致しました。
日本全薬工業株式会社 代表取締役社長 福井寿一様がご講演された内容と、氏政の講演はそれぞれ別のものですが、IHS MarkitのJoseph Harvey氏によって記事とされ、また11月1日のDaily Digestでfeaturedとして紹介されました。このような形で福井様のお話の前座を務めることができ、非常に光栄に存じます。
また、10月19日にも記事としていただき、非常にありがたく存じます。

Animal Health Innovation Asia 2021の全講演内容は、2021年12月31日まで聴講することが可能です: https://animalhealthasia.com/events/animal-health-investment

また、IHS Markitはこちらから年間購読が可能です:
https://ihsmarkit.com/products/agribusiness-animal-health.html

講演内容の一部がIHS Markitの記事になりました

10月19−20日に開催されたAnimal Health Innovation Asia 2021で”Regulatory Pathways and Market Insights in Japan”(日本の規制と市場の考察)と題した講演を行いましたが、動物薬業界誌 IHS Markitの編集者 Joseph Harvey氏が講演内容の一部を取り上げて下さり、記事として紹介されました。

Presentation by Dr. Yuki Ujimasa at Kisaco’s Animal Health Innovation in Japan
“講演内容の一部がIHS Markitの記事になりました” の続きを読む

10月22日(金)第54回動薬ゼミナールで講演します

クレコンリサーチ&コンサルティング株式会社からのご依頼で、10月22日(金)開催の第54回動薬ゼミナールの講師を務めることになりました。

agenda

弊社は2006年1月の創業で今年15周年を迎えます。その間、クレコン様からは4回講演の機会を頂戴し、今回が5回目となります。

“10月22日(金)第54回動薬ゼミナールで講演します” の続きを読む

動物用医薬品等の製造販売業等許可関係申請・届出書様式の変更

令和3年8月1日より医薬品医療機器等法の改正に伴い、動物用医薬品等の製造販売業等の許可等に関する手続きが一部変更になりました。(農林水産省)

https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/yakuzi/y_gyokyoka/forms.html

《アームズの視点》動物用医薬品製造業、製造販売業、動物用医療機器製造業、製造販売業、外国製造業者認定などの申請書式が一部変更になっています。ご注意ください。

2020 Global Benchmarking Survey Overview Reportが公開されています(Health for Animals)

1996年から5年に1回、世界の動物薬企業に対して調査が行われる Global Benchmarking Survey の2020年調査結果が、動物薬企業の国際団体 Health for Animalsから公表されています。

これまでは欧米と日本が中心でしたが、2015年から中国とブラジルが加わり、今回の2020年の調査ではインド、メキシコ、ロシア、南アフリカについても調査されています。

各国での規制状況、企業の研究開発費用、小動物と産業動物の割合、申請から承認までの期間(なぜか日本の記載なし)、規制に対する企業の反応などが報告されています。
ご参考まで。 
https://www.healthforanimals.org/resources/publications/publications/2020-global-benchmarking-survey-overview-report/

豚用の針なし注射器「イプラデルミック」が動物用医薬品等データベースに掲載されました。

今年2月に製造販売承認を得られた標記製品が農林水産省動物医薬品検査所の動物用医薬品等データベースに掲載されました。

本製品の申請は、スペインのLABORATORIOS HIPRA, S.A.社からの依頼で、弊社が選任製造販売業者として行いました。
通常、外資系動物薬メーカーは日本に子会社を作り、薬剤師をはじめ薬事三役を設置し、製造業許可・製造販売業許可を得た上で申請を行いますが、弊社はそれらの許可をすべて保有しているため、Hipra社は日本に子会社をもたずに、本製品の製造販売承認を得ることができました。

本製品は、豚のPRRS(豚繁殖・呼吸障害症候群)の予防に用いるワクチンを針なしで連続注射できる動物用医療機器です。針を変える必要がありませんので、衛生的にまたは効率的に注射することができます。

今後も弊社では、海外の優れた動物用医薬品、動物用医療機器、動物用体外診断薬などを日本にいち早く紹介するよう製品開発に努めたいと存じます。
https://www.vm.nval.go.jp/public/detail/18635

株式会社AVSの動物市場向け医療機器販売終了及び会社解散のお知らせ(株式会社AVS)

—(以下、2021年5月17日付ユーザー向け案内を引用)—
謹呈 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 弊社は 20 年に亘り動物用内視鏡を含む動物医療事業におきまして事業展開を行って参りました。これも偏にお客様各位のお力添えの賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。

さて今般、誠に遺憾ではございますが、弊社は動物市場向け医療機器販売事業から撤退する経営判断を下し、2021 年 9 月末をもって医療機器(動物用内視鏡を除く)の販売を終了、2026 年3 月末をもって動物用内視鏡の販売を終了させていただくこととなりました。

また、これに伴い弊社は 2022 年 3 月末日をもって解散することとなりました。これまで長きにわたり格別のご厚情を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

尚、弊社解散後は本年 10 月に発足いたします、オリンパスマーケティング株式会社へ業務を引き継ぎ、動物用内視鏡販売終了までの対応及びアフターサービスを実施させていただきます。

“株式会社AVSの動物市場向け医療機器販売終了及び会社解散のお知らせ(株式会社AVS)” の続きを読む

猫ヘルペス用点眼剤『IDU「センジュ(R)」』を発売 DSファーマアニマルヘルスが2021年5月19日に提供(朝日新聞デジタル)

千寿製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:吉田 周平、以下「千寿製薬」)とDSファーマアニマルヘルス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:高田 和浩、以下「DSファーマアニマルヘルス」)は、千寿製薬が2020年12月に製造販売承認を取得した猫ヘルペス用点眼剤『IDU「センジュ(R)」』を2021年5月19日(水)に新発売することとなりましたのでお知らせします。
https://animal.ds-pharma.co.jp/pdf/20210512_press.pdf

『IDU「センジュ(R)」』はイドクスウリジン※1を有効成分とする、国内唯一の猫ヘルペスウイルス性疾患※2に対する眼科用剤です。本剤は1mL中にイドクスウリジンとして1mgを含有し、1回1滴、1日6回点眼する(点眼間隔は1時間以上空ける)ことにより、猫ヘルペスウイルスによる様々な眼科的症状を軽減させます。両社は、『IDU「センジュ(R)」』を新発売することで、これまで以上に動物眼科医療の向上に貢献していきたいと考えています。

“猫ヘルペス用点眼剤『IDU「センジュ(R)」』を発売 DSファーマアニマルヘルスが2021年5月19日に提供(朝日新聞デジタル)” の続きを読む